【日本舞踊】演目辞典 TOP > 義太夫[ぎだゆう]

義太夫[ぎだゆう]のカテゴリ

妹背山道行[いもせやまのみちゆき]

求女[もとめ]を挟んで、杉酒屋の娘お三輪と、橘姫のふたりが繰り広げる恋の鞘当の道行です。

対照的なふたりが、求女をめぐって恋の争いを見せる物語となっています。

葛の葉[くずのは]

享保十九年(1734)大阪竹本座初演の『蘆屋道満大内鑑』[あしやどうまんおおうちかがみ]四段目の道行をさして、通称『葛の葉』。 これを独立させたもの。

寿式三番叟[ことぶきしきさんばそう]

寿式三番叟として今日伝わっているのは、明治中期、豊沢団平[とよざわだんぺ]が復曲したものです。

義太夫の寿式三番叟が二人の三番叟でリズミカルな調子であるのに対して、長唄の寿式三番叟のほうは、 儀式性を重んじた調子になっています。

蝶の道行[ちょうのみちゆき]

もともとは、古い歌舞伎狂言の中の道行でしたが、義太夫として復曲されたものです。とくに、昭和三十七年(1962) 歌舞伎座での上演以来、人気を集めてブームとなった感があります。

双面[ふたおもて]

双面とは、もともと歌舞伎のなかで、

「恨みを持ったものの霊魂が、そっくり同じ扮装で登場し祟ろうとする。そこで神仏の力によって、本性が見顕される。」

という種類の舞踊をさしていうものです。

双面水照月[ふたおもてみずにてるつき]

今日、双面[ふたおもて]と言えば、この双面水照月[ふたおもてみずにてるつき]をさしていうくらい、有名な曲です。

もとは、金にも女にも目がないという、悪徳かつ破廉恥で堕落した坊主である法界坊の芝居、『隅田川続俤』 [すみだがわごにちのおもかげ]の大切で、終幕にあたる曲です。日本舞踊では、これを独立させて上演します。

紅葉狩[もみじがり]

舞台は、信州戸隠山の山中。

花道より登場する平維茂[たいらのこれもち]と従者二人は、上臈[じょうろう]たちの紅葉狩に引き止められます。場所を移して、 女たちにもてなされる平維茂[たいらのこれもち]と従者二人の一行でしたが、更科姫の踊りが佳境に入る頃、寝入ってしまうのでした。

櫓のお七[やぐらのおしち]

安永二年(1773)に初演の、北堀江人形浄瑠璃『伊達娘恋緋鹿子』[だてむすめこいのひがのこ]の一部が独立してできた演目。

雪の夜にはじまる物語が、途中人形振りを経て、クライマックスの櫓で太鼓を打ち鳴らす場面まで、劇的な展開を楽しめる一曲です。

六歌仙[ろっかせん]

『六歌仙』[ろっかせん]とは、『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]の通称です。

この演目は、今日では、『文屋』[ふんや] 『喜撰』[きせん] が、独立した演目として上演されるケースも多い曲です。

また、

●『僧正遍照』[そうじょうへんじょう]は長唄・義太夫

●『文屋』[ふんや]は清元

●『業平・小町』[なりひら・こまち]は長唄

●『喜撰』[きせん]は清元・長唄

●『黒主』[くろぬし]は長唄

といったかたちで演奏されています。

六歌仙容彩[ろっかせんすがたのいろどり]

この演目は、今日では、『文屋』[ふんや] 『喜撰』[きせん] が、独立した演目として上演されるケースも多い曲です。

また、

●『僧正遍照』[そうじょうへんじょう]は長唄・義太夫

『文屋』[ふんや] は清元

●『業平・小町』[なりひら・こまち]は長唄

『喜撰』[きせん] は清元・長唄

●『黒主』[くろぬし]は長唄

といったかたちで演奏されています。

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]は、通称で、『六歌仙』[ろっかせん] とも呼ばれています。