【日本舞踊】演目辞典 TOP > 清元[きよもと]

清元[きよもと]のカテゴリ

大山参り[おおやままいり]

江戸の町から見えた富士山の手前に、富士山に重なるように見えた山を大山といいます。この山は、江戸っこたちの信仰を集めていました。

この演目は、六月二十七日から七月十七日まで許されていた、大山参り(奥の院参拝)の、最後の五日間である盆山に繰り出した、 借金取りから逃れた鳶などの仕事師たちのことを、舞踊化して作られました。

大山参りを題材にしたことから、この演目は『大山参り』としていますが、通称は『山帰り』[やまがえり] といい、『大山参り』はその別称となります。

喜撰[きせん]

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]のひとつである、『喜撰』[きせん]は、平安時代の名僧喜撰法師をかり、 江戸に置き換えて踊る演目です。

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]にあるように、もと小野小町をめぐって思いを打ち明けるが、その恋は成就しない、 という変化舞踊のひとつだけに、喜撰法師は、粋な坊主という役柄に仕立てられています。

子守[こもり]

豆腐屋におかずの油揚げを買いに行った子守の娘が、鳶[とび]に油揚げをさらわれてしまいます。

追った子守の娘が転んでしまうと、背負った赤子が泣いてしまう。あわててあやし、故郷の越後を懐かしみながら、面白く踊る、 という趣向の演目です。

新吉原雀[しんよしわらすずめ]

夏の葦原に群生する「よしきり」という鳥は、その鳴き声の特徴から『葭原雀』[よしはらすずめ]などと呼ばれましたが、 [よしはらすずめ]の音から、転じて「遊郭吉原の冷やかし客」もさして言うようになりました。

この演目は、先に長唄『吉原雀』[よしわらすずめ]が作られ、後に清元が作られた事から、『新吉原雀』[しんよしわらすずめ] ともよばれるようになりました。

助六[すけろく]

歌舞伎十八番の『助六』のエッセンス的な内容の演目といえます。

歌舞伎十八番の『助六』の中の、河東節の助六の花道での出端を取り入れて、 移行した演目となっています。

隅田川[すみだがわ]

能の『隅田川』からとった作品群を隅田川物と言う場合がありますが、この曲はその代表的な作品です。

また狂女ものの代表作とも言われていて、たびたび上演されて親しまれている演目でもあります。

玉兎[たまうさぎ]

月の中に棲んでいると信じられていた兎が、月の中で餅つきをする餅つき踊りを表現した後、 カチカチ山のおとぎ話を舞踊化した踊りが続きます。爺、婆、狸、兎の四役を踊る演目です。

玉屋[たまや]

「玉屋」とは、江戸市中でしゃぼん玉を売り歩いた人をさして言ったことばです。

「玉屋」は新しい商売で、幕末に流行しました。

しゃぼん玉は当時、子供達の遊びとして、人気がありましたので、その情景をとって、風俗舞踊として仕立てられました。

文屋[ふんや]

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]のひとつである、『文屋』[ふんや]は、平安時代の文屋康秀[ふんややすひで]が、 粋な江戸の気分を踊る、という趣向の構成となっています。

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]にあるように、もと小野小町をめぐって思いを打ち明けるが、その恋は成就しない、 というストーリーのはっきりとした変化舞踊のひとつだけに、ストーリーを保ちながらも、 江戸気分での軽妙でありながら滑稽な感じの味を出すことが、とても難しい演目とされています。

保名[やすな]

安倍保名が、妻 榊の前[さかきのまえ]を亡くして、狂乱して嘆き、春の野辺をさまよう。

美男が狂乱して女性の幻を追う、という曲となっています。

山帰り[やまがえり]

江戸の町から見えた富士山の手前に、富士山に重なるように見えた山を大山といいます。この山は、江戸っこたちの信仰を集めていました。

この演目は、六月二十七日から七月十七日まで許されていた、大山参り(奥の院参拝)の、最後の五日間である盆山に繰り出した、 借金取りから逃れた鳶などの仕事師たちのことを、舞踊化して作られました。

この演目は、その内容から、別に『大山参り』 とも呼ばれます。

吉原雀[よしわらむすめ]

夏の葦原に群生する「よしきり」という鳥は、その鳴き声の特徴から『葭原雀』[よしはらすずめ]などと呼ばれましたが、 [よしはらすずめ]の音から、転じて「遊郭吉原の冷やかし客」もさして言うようになりました。

この演目には、本名題:『教草吉原雀』[おしえぐさよしわらすずめ]にあるとおり、吉原雀の典型的な姿を踊って見せましょう、 という意味がこめられています。(教草=お手本という意味)

流星[りゅうせい]

別名は、「夜這星」とも言われる、かなり奇抜な趣向な日本舞踊作品と言えます。

舞台はすべて、雲の上という設定で、七夕の晩の出来事です。

六歌仙[ろっかせん]

『六歌仙』[ろっかせん]とは、『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]の通称です。

この演目は、今日では、『文屋』[ふんや] 『喜撰』[きせん] が、独立した演目として上演されるケースも多い曲です。

また、

●『僧正遍照』[そうじょうへんじょう]は長唄・義太夫

●『文屋』[ふんや]は清元

●『業平・小町』[なりひら・こまち]は長唄

●『喜撰』[きせん]は清元・長唄

●『黒主』[くろぬし]は長唄

といったかたちで演奏されています。

六歌仙容彩[ろっかせんすがたのいろどり]

この演目は、今日では、『文屋』[ふんや] 『喜撰』[きせん] が、独立した演目として上演されるケースも多い曲です。

また、

●『僧正遍照』[そうじょうへんじょう]は長唄・義太夫

『文屋』[ふんや] は清元

●『業平・小町』[なりひら・こまち]は長唄

『喜撰』[きせん] は清元・長唄

●『黒主』[くろぬし]は長唄

といったかたちで演奏されています。

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]は、通称で、『六歌仙』[ろっかせん] とも呼ばれています。