【日本舞踊】演目辞典 TOP > 石橋物[しゃっきょうもの]

石橋物[しゃっきょうもの]のカテゴリ

鏡獅子[かがみじし]

日本舞踊の代表作のひとつといってよい『鏡獅子』は、新歌舞伎十八番のひとつでもあります。

前半の初々しい少女から、後半の獅子への変身が見どころの演目です。

執着獅子[しゅうちゃくじし]

能『石橋』[しゃっきょう]は、歌舞伎に入ると、女形舞踊と変化しましたが、この執着獅子[しゅうちゃくじし]もそのひとつです。

全体的には、古風でゆったりとした曲となっています。『英執着獅子』 に同じ。

英執着獅子[はなぶさしゅうちゃくじし]

能『石橋』[しゃっきょう]は、歌舞伎に入ると、女形舞踊と変化しましたが、この英執着獅子[はなぶさしゅうちゃくじし] もそのひとつです。

全体的には、古風でゆったりとした曲となっています。

『執着獅子』に同じ。

連獅子[れんじし]

能の『石橋』[しゃっきょう]を歌舞伎舞踊化した連獅子には、親獅子・子獅子が登場して、前半には見どころとして、 親が子に試練を与えるため、谷底へ蹴落とすシーンが登場します。