サイト最新エントリー

俄獅子[にわかじし]

吉原には、八月一日から晴天三十日間、芸者・幇間[ほうかん]が、仮装をして凝った踊りの新曲を見せた年中行事がありました。 それを吉原俄[よしわらにわか]と呼びました。吉原俄は、別に、踊俄とか俄踊りとも呼びました。

この俄獅子は、この年中行事の催しと獅子舞を組み合わせて舞踊化したものです。

この年中行事吉原俄に廓情緒、獅子の狂いを組み合わせたところは、粋と洒落っ気を好んだ江戸っ子気質をよく表している、 と言われています。

吉原仲の町の雰囲気・獅子舞・手古舞の踊りなどを見せる『俄獅子』は、普通芸者姿で踊りますが、素踊りとして踊る場合も多くあります。

江戸っ子気質である粋と洒落っ気に、吉原の廓情緒として『吉原俄』の雰囲気を、演者がいかに表現できるか、というところが、 この演目の見どころとなります。

また、作曲者である杵屋六三郎は、この吉原情緒を表現するために、馴染みの花魁[おいらん]に入りびたって作曲した、 といわれています。

見どころをつくりだすのは、演者だけではなかったということなのかもしれません。これも江戸っ子気質を理解するためには、 覚えておいた方がよいエピソードなのかもしれませんね。

 

【基礎データ】

■天保五年(1834)十月に開曲、初演。のちに舞踊化されたもの

■作詞:不詳、長唄『相生獅子』の歌詞をもじって構成された

■作曲:四代目杵屋六三郎[きねやろくさぶろう]

■本名題:同じ『俄獅子』

■上演時間:およそ18分

スポンサードリンク