サイト最新エントリー

棒しばり[ぼうしばり]

能狂言をもとにつくられた舞踊であり、松羽目物のひとつといえる演目です。

松羽目物ですから、舞台装置は、正面には鏡板があり、その前には長唄囃子連中が並ぶというかたちになります。

曲中、棒に両手を縛られたまま踊る場面があり、舞踊の名手といわれた、初演の六代目尾上菊五郎や七代目坂東三津五郎に、 手を使わずに踊らせるという趣向のためにつくられた舞踊、ともいわれています。

前半は、所要で外出しなければならない大名曽根松兵衛が登場し、留守中に酒を盗み飲むふたり、太郎冠者を後ろ手に縛り、 次郎冠者を棒と手を縛りつけてしまいます。

後半、縛られたとなると、余計に酒が飲みたくなるということで、酒蔵に忍び込み、縛られたままで、協力して交互に、酒を飲み始めます。

最後は、酒宴となって盛り上がりながら踊るふたりのところへ、大名が帰ってきて、ふたりを追い込むかたちで幕切れ、となります。

 

冠者たちの無邪気ないたずらと楽しい踊りが、観る者を楽しませてくれる演目です。

 

【基礎データ】

■大正五年(1916)正月、東京市村座初演

■初演は、六代目尾上菊五郎

■作詞:岡村柿紅[おかむらしこう]

■作曲:五代目杵屋巳太郎[きねやみたろう]

■狂言『棒縛』[ぼうしばり]を舞踊化したもの

■元になった狂言の台本は、大蔵流のもの

■上演時間:およそ40分

スポンサードリンク