サイト最新エントリー

橋弁慶[はしべんけい]

古くは、向こう鉢巻に七つ道具を背負った弁慶が、五条橋で牛若に袖を引かれる、という踊りだったようです。

しかし今日上演される『橋弁慶』という演目は、謡曲がアレンジされたものなのです。曲が一時期途絶えていたことも、 影響していると言われています。また、義太夫も、この長唄とほぼ同じかたちとなっています。

【あらすじ】

弁慶が五条橋に出る少年の働きを従者から聞き及び、これを退治しようとやってきます。

戦いますが、これに敗れた弁慶は、この少年と主従三世の契りを交わします。

 

【基礎データ】

■文化八年(1811)江戸は中村座初演

■本名題:『遅桜手爾葉七字』[おそざくらてにはのななもじ]

■『鬼一法眼三略巻』[きいちほうげんさんりゃくのまき]五段目から独立

■作詞:二代目並木五瓶[なみきごへい]

■作曲:明治元年(1868)三代目杵屋勘五郎[きねやかんごろう]

■上演時間:およそ16分

初演と作曲で、年号が異なります。

これは、一時期この曲が絶えていたためで、明治元年に、あらためて作曲され復活し、舞踊化されたためです。

スポンサードリンク