サイト最新エントリー

黒塚[くろづか]

悪鬼である老女岩手[いわて]が熊野の僧・祐慶[ゆうけい]ら一行を襲うが、 逆に法力で解脱させられるというストーリーになっています。

能の『黒塚』からとっているが、能以上に新しい解釈が加えられた演目です。その哲学的な命題を浮き彫りにした格調の高さが、 高い評価を得た演目でもあります。

上・中・下の構成となっています。

【上】

奥州の一面の平原の中にある老女いは、岩手の家には、かすかな灯がともっており、老女岩手は糸を繰っています。 ここへ諸国行脚の熊野の僧祐慶ら一行が宿を求め、その求めに応じた老女岩手は、

「繰るも輪廻の糸車にかかる姿の浅ましやな」

と糸繰り唄を聞かせ、救いを求めます

救われると知った老女岩手は、山に薪木をとりにいきます。

しかし、留守中に見ないでくれと頼んでおいた部屋を、強力[ごうりき]ののぞかれてしまいます。そのなかは、死骸の山だったのでした。

【中】

仏に救われると知った老女岩手は、その悦びから、月と戯れて踊っています。

そこへ逃げ出してきた強力とばったり出くわし、約束が破られたと知ります。

激怒した老女岩手は、鬼女の本性を顕して消えます。

【下】

茫原の別の場所で、鬼女は祐慶ら一行に襲い掛かりますが、法力に負けて、祈り伏せられて姿を消していきました。

 

この黒塚は、二代目市川猿之助が踊り、三代目市川猿之助が磨きをかけた演目で、 三代目市川猿之助の海外公演のレパートリーにまでなりました。演出のなかには、猿之助が海外で見たロシア・バレエにヒントを得たものもある、 といわれています。

 

■昭和十四年(1939)東京劇場初演

■作詞:木村富子

■作曲:四代目杵屋佐吉[きねやさきち]

■二代目市川猿之助(猿翁[えんおう])の「華果新曲十種」[かかしんきょくじゅっしゅ]のひとつ

■三代目市川猿之助の「猿翁十種」のひとつ

■上演時間:およそ60分

スポンサードリンク