サイト最新エントリー

近江のお兼[おうみのおかね]

高下駄をはいた男勝りの田舎娘は、近江の美しさを語り、女心をみせて、最後に晒をふってみせます。

「色香白歯の團十郎娘」の詞章から、『團十郎娘』 と呼ばれることもあるこの演目は、強い女性のイメージを演出する事もある演目です。

場所は近江八景のひとつ、堅田付近で、暴れ馬を制そうとお兼がでてきて、手綱を踏んで止めます。

琵琶湖の荒くれた漁師を相手に立回り、その後クドキから盆踊りの唄とすすみ、最後はチラシで布晒しとなります。

この布晒しも、勇壮に演じる見せ場となっていて、三段構成の派手な演出をとります。

■文化十年(1813)六月、江戸は森田座、大切所作事で初演

■本名題:『閏茲姿八景』[またここにすがたのはっけい]

■作詞:二代目桜田治助[さくらだじすけ]

■作曲:四代目杵屋六三郎[きねやろくさぶろう]

■古くは、常磐津古式部作曲の兼ね合いであったともいわれている。

■通称『晒女』[さらしめ]

■別称『團十郎娘』

■上演時間:およそ20分

スポンサードリンク