サイト最新エントリー

文屋[ふんや]

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]のひとつである、『文屋』[ふんや]は、平安時代の文屋康秀[ふんややすひで]が、 粋な江戸の気分を踊る、という趣向の構成となっています。

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]にあるように、もと小野小町をめぐって思いを打ち明けるが、その恋は成就しない、 というストーリーのはっきりとした変化舞踊のひとつだけに、ストーリーを保ちながらも、 江戸気分での軽妙でありながら滑稽な感じの味を出すことが、とても難しい演目とされています。

紗がけの狩衣・浅葱の表袴に冠をつけてでる文屋康秀は下手からの登場。上手からは官女が出て、 小町の部屋へ行こうとする文屋を止めます。

文屋はここから、自らの思いのたけを下世話に踊ります。

その後、田舎節・恋尽くしの拍子舞、狩衣を脱いでのしっとりとした踊りとなり、最後は、真ん中に立つ文屋に対し、 左右に官女が並ぶ形で幕となります。

また、同じ『六歌仙容彩』 [ろっかせんすがたのいろどり]から独立して上演されるようになった演目に、『喜撰』[きせん] があります。

■天保二年(1831)江戸中村座初演

■作詞:松本幸二[まつもとこうじ]

■作曲:初代清元斎兵衛[きよもとさいべえ]

■変化舞踊『六歌仙容彩』 [ろっかせんすがたのいろどり]のひとつ

■上演時間:およそ20分

スポンサードリンク