サイト最新エントリー

喜撰[きせん]

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]のひとつである、『喜撰』[きせん]は、平安時代の名僧喜撰法師をかり、 江戸に置き換えて踊る演目です。

『六歌仙容彩』[ろっかせんすがたのいろどり]にあるように、もと小野小町をめぐって思いを打ち明けるが、その恋は成就しない、 という変化舞踊のひとつだけに、喜撰法師は、粋な坊主という役柄に仕立てられています。

「世辞で丸めて浮気でこねて」と軽妙な調子で、桜の枝を担ぎ、花道から登場し踊ります。

本舞台で、茶汲み女・お梶にみとれて茶碗を落としてしまった喜撰は、「わたしゃお前の政所」とふたりでクドキの踊りに移ります。

この茶汲み女・お梶が、小野小町のモドキとなっています。

最後は、花道から大勢のお迎え坊主が出て住吉踊りとなり、喜撰は両肌脱ぎ[もろはだぬぎ]から悪身の振り、中央で合掌で終わります。

また、同じ『六歌仙容彩』 [ろっかせんすがたのいろどり]から独立して上演されるようになった演目に、『文屋』[ふんや] があります。

■天保二年(1831)江戸中村座初演

■作詞:松本幸二[まつもとこうじ]

■作曲:長唄は十代目杵屋六左衛門[きねやろくざえもん]、清元は初代清元斎兵衛[きよもとさいべえ]

■変化舞踊『六歌仙容彩』 [ろっかせんすがたのいろどり]のひとつ

■上演時間:およそ24分

スポンサードリンク