サイト最新エントリー

越後獅子[えちごじし]

新潟県西蒲原郡月潟村からでた獅子舞の大道芸は、江戸時代、踊りや軽業をみせながら、諸国を歩いていて、江戸でも親しまれたようです。

この大道芸は、角兵衛[かくべえ]または角兵衛獅子[かくべえじし]と呼ばれていました。

この芸を舞台に乗せたのが、この演目『越後獅子』です。

比較的短い演目ですが、短時間のなか、緩急ある踊りが多く含まれており、旅芸人の哀愁も感じさせてくれる演目です。

小さな獅子頭を頭にのせて能の『石橋』の振りごとを見せたり、獅子舞で門付けして歩くさまを描写したり、肌脱ぎで手踊り、 最後には襷がけで布晒しを振ったりもする。

地方色が漂うこの演目は、江戸の人々に喜ばれた、と言われています。

■文化八年(1811)三月、江戸中村座初演の『遅桜手爾葉七字』[おそざくらてにはのななもじ]の七変化のひとつ

■作詞:篠田金次[しのだきんじ]

■作曲:九代目杵屋六左衛門[きねやろくざえもん]

■上演時間:およそ18分

スポンサードリンク