サイト最新エントリー

三つ面子守[みつめんこもり]

子供の子守が赤子に見せる、という設定で、三種類の面をかぶり替えながら、三役を踊り分ける趣向の曲です。

江戸時代には、子守は、少女の職業となっていた時代背景があります。

子守役の少女は、神社の境内まで来て、赤ん坊を寝かしつけ、三つ面を笹につけてあやすが、いつしか、その面をつけながら、 仕方話を始めてしまう。

三つの面は、恵比寿・おかめ・ひょっとこの三つです。

仕方話は、恵比寿とおかめの痴話に、ひょっとこが割って入ってくる、という内容となっています。

■文政十二年(1829)九月、江戸河原崎座初演

■『菊蝶東籬妓』[はなにちょうまがきのうかれめ]四変化のひとつ

■作詞:津打治兵衛[つうちじへえ]

■作曲:名見崎徳治[なみさきとくじ]

■上演時間:およそ19分

スポンサードリンク