サイト最新エントリー

松廼羽衣[まつのはごろも]

明治三十一年五代目尾上菊五郎が初演した当時は、長唄と常磐津の掛合いの曲でしたが、その後常磐津が独立し、その際曲名も現在の 『松廼羽衣』となりました。

もちろん、曲名通りにこの曲は、よく知られている羽衣伝説がもととなっています。

漁師白竜[はくりゅう]が、三保の松原で、松に掛かっていた衣を見つけると、天女は、それを返して欲しいと頼みますが、 白竜は承知しません。

しかし天女の嘆きを聞くうちに白竜は、天女に舞を見せてくれるなら返そうと約束します。そして優美な舞を舞いながら、 天女は天上へと帰っていきます。

このドラマを再現しながら曲は進んで行きますが、前半の最後には、二人の色模様の踊りシーンもあります。

後半は、天女は頭上に鳳凰[ほうおう]の冠をのせて、腰には鞨鼓をつけてでて、華麗に舞っていきます。そして、最後のシーンは、 舞台中央で松ノ木の後ろに登り、天上へと帰っていくさまをみせて、幕切れになります。ほかに、花道を引っ込むかたちや、 宙乗りにするかたちも演出される事があります。

また、羽衣伝説は、能の『羽衣』の詞章を用いて、常磐津以外にも、様々な邦楽曲になっています。

代表的なものでは、一中節の『松羽衣』、長唄の『天人羽衣』などがあります。

■明治三十一年(1898)一月、新歌舞伎座で5代目尾上菊五郎[おのえきくごろう]が、能の『羽衣』を歌舞伎舞踊化した一曲。

■新古演劇十種のひとつ。

■作詞:三代目河竹新七[かわたけしんしち]

■作曲:五代目岸澤古式部[きしざわこしきぶ]・十三代目杵屋六左衛門[きねやろくざえもん]

スポンサードリンク