サイト最新エントリー

浅妻船[あさづまぶね]

文政三年(1820)年に初演された『浅妻船』[あさづまふね]は、三代目坂東三津五郎[ばんどうみつごろう]の七変化 『月雪花名残文台』[つきゆきはななごりのぶんだい]の冒頭の『浪枕月浅妻』[なみまくらつきのあさづま]が独立した曲です。

浅妻[あさづま]とは、地名であり、近江は琵琶湖の東岸にある港町の地名です。

この『浅妻船』[あさづまぶね]は、この港町にいる舟遊女が主人公のストーリーとなります。

踊りは、置き唄の後、白拍子が登場して、やがて船の上から舟遊女の恋のはかなさを訴えたクドキの後、手踊りをみせます。

その後、『京鹿子娘道成寺』でも使われている鞨鼓[かっこ]の振りから、振り鼓にうつる技法も用いて展開し、 中啓の舞で結ぶかたちをとっています。

登場時の白拍子は、男姿での歌舞となります。もともと、白拍子とは、男姿での歌舞を業とした女性をさしたことばだったからです。 のちには、遊女にもなったようです。

■文政三年(1820)九月、江戸中村座初演

■作詞:桜田治助[さくらだじすけ]

■作曲:杵屋佐吉[きねやさきち]

スポンサードリンク