サイト最新エントリー

高尾さんげ[たかおさんげ]

近年、六代目尾上菊五郎[おのうえきくごろう]がこの高尾さんげを取り上げて以降、陽の目をみるようになった一曲です。

富本・清元・荻江にも、曲が残ってはいますが、これは、長唄の曲です。

傾城高尾の魂が現世に浮かび上がって、在りし日の四季の折々を、物語として描き出す、という趣の一曲です。

亡霊の淋しさを見せながら、過ぎ去った在りし日の憂さをも見せるもので、華やかで楽しげに見える遊里の暮らしの中にある【無常】 を表現していきます。

三下がりの前弾きに続いて、「高尾が姿あらわれて」とセリ上がりで、しっとりとした風情を見せます。その後、廓の四季を演じて見せ、 煩悩の果てに地獄に落ちて、責め苦を味わうセメで終わるのです。

その姿は、まるで高尾の亡霊が、自分の人生を懺悔するかのような趣を感じさせてくれるのです。

 

【基礎データ】

■寛保四年(1744)正月、江戸市村座で上演の『七種若曽我』[ななくさわかやぎそが]の三番目所作事『高尾さんげの段』の長唄。

■作詞:藤本斗文[ふじもととぶん]

■作曲:杵屋新右衛門[きねやしんえもん]

スポンサードリンク