サイト最新エントリー

芝翫傾城[しかんけいせい]

傾城[けいせい]とは、遊女の最高位とされる人をさしていいます。

これは、中国で、「君主が色に溺れて、城や国を滅ぼす美女」という意味からきている、と言われています。

また、この曲は、もと『傾城』[けいせい] ですが、二代目中村芝翫[なかむらしかん](四代目中村歌右衛門)が踊ったことから、『芝翫傾城』[しかんけいせい] と呼ばれるようになりました。

舞台は、当時日本で一番の遊郭であった吉原の仲之町。

・恋人との情愛

・客との痴話喧嘩

・四季折々の風物

などなどを通じ、傾城[けいせい]を、男を恋しながら、思いやりを尽くす優しくて素晴しい女性、として描いた曲になっています。

曲調は、豊後節調で、しっとりとした趣に仕上げられていて、古風な情緒溢れる、すばらしい舞踊曲といえます。

【基礎データ】

■文政十一年(1828)三月、江戸・中村座初演

■『拙筆力七以呂波』[にじりがきななついろは]七変化のひとつが独立した演目

■作詞:二代目瀬川如皐[せがわじょこう]

■作曲:四代目杵屋三郎助[きねやさぶろすけ]

「恋と云う文字の姿~」という唄い出しからとって、『恋傾城』[こいけいせい]とも呼ばれます。

また、この曲のほかに、二代目中村芝翫[なかむらしかん]が踊ったことで、『芝翫~』と称されるものに、『供奴』[ともやっこ] があり、『芝翫奴』 [しかんやっこ]と呼ばれています。

スポンサードリンク