【日本舞踊】演目辞典 TOP 【日本舞踊】演目選:か行, 道成寺物[どうじょうじもの], 長唄[ながうた] > 京鹿子娘道成寺[きょうがのこむすめどうじょうじ]

サイト最新エントリー

京鹿子娘道成寺[きょうがのこむすめどうじょうじ]

「女形舞踊の集大成」、「舞踊界で最高の演目」とも評される、日本舞踊における最高傑作中の傑作ともいえる【京鹿子娘道成寺】。

この名作を上演できることは、プロの舞踊家にとっても、市井の舞踊家にとっても、アマチュア舞踊家にとっても、 最高の栄誉とされている。それほどの権威と面白さを兼ね備えた名曲なのではないでしょうか。

京鹿子娘道成寺1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その内容は変化に溢れていて、

引き抜きの変化、道行、手踊り、花笠の踊り、手拭いでの踊り、鞨鼓[かっこ]や振鼓[ふりつづみ]の踊りなどがある。 踊り手にもあらゆる種類のテクニックが必要とされる難曲でもあります。

■宝暦三年(1753)三月、江戸・中村座、初世中村富十郎が上演。

■能の「道成寺」を下敷きとして、当時の流行曲などをふんだんに取り入れて構成された。

 

もとは、安珍清姫伝説の道成寺の物語を舞踊化したものです。

『安珍清姫伝説』

紀伊国の裕福な未亡人の家に宿を求めた老僧と若い僧。女は若い僧に恋をして言い寄る。

が、若い僧は三日間だけ待って欲しい、と頼んでおいて、約束を守らずに逃げていく。

裏切られたと知った女は怒り、大蛇に変身して、道成寺の鐘に身を隠した若い僧を追いかけて、その鐘に巻きついて焼き殺してしまう。

 

なんとも恐ろしい伝説ですが、【京鹿子娘道成寺】は、この伝説を基にして、その伝説の後日譚[ごじつたん]として描かれています。

そのストーリーは、

紀州は鐘巻の里にある寺、道成寺には、鐘がなく久しかった。

再興されて鐘供養が行われる事になった日、白拍子[しらびょうし]が現れて、舞を舞うから鐘供養を拝ませて欲しいと頼み込んだ。

さまざまな舞を舞って所化達ののすきをぬって、鐘に取り憑く。白拍子は清姫の霊であったので、大蛇となり恨みの鐘に取り付いた・・・。

 

舞台装置も全般的に、「桜」がメインのモチーフとなっており、その華やかさは、観ている者を魅了してやまない、 名曲中の名曲といえます。

 

京鹿子娘道成寺2

さらに詳しくは・・・日本舞踊【京鹿子娘道成寺】

スポンサードリンク