【日本舞踊】演目辞典 TOP > 【日本舞踊】演目選:ま行

【日本舞踊】演目選:ま行のカテゴリ

将門[まさかど]

この舞踊は、七人の影武者を置いた不死身の将門が、呪文とともに飛んできた矢にこめかみを射られ、落命したとの伝えの後日譚、 として構成されています。

蝦蟇[がま]の妖術を使うという、将門の娘「滝夜叉姫」と、源頼信の命を受けた大宅太郎光圀のふたりが登場する物語。

松廼羽衣[まつのはごろも]

明治三十一年五代目尾上菊五郎が初演した当時は、長唄と常磐津の掛合いの曲でしたが、その後常磐津が独立し、その際曲名も現在の 『松廼羽衣』となりました。

もちろん、曲名通りにこの曲は、よく知られている羽衣伝説がもととなっています。

身替座禅[みがわりざぜん]

能『花子』[はなご]を移した松羽目物のひとつです。

初演以降、七代目坂東三津五郎と六代目尾上菊五郎のコンビが好評で再演を繰り返し、尾上菊五郎家の新古演劇十種に加えられた、 という演目です。

内容は、男の浮気を、女房にしっかりと押さえられてしまう、という男性には怖いお話となっています。

三つ面子守[みつめんこもり]

子供の子守が赤子に見せる、という設定で、三種類の面をかぶり替えながら、三役を踊り分ける趣向の曲です。

江戸時代には、子守は、少女の職業となっていた時代背景があります。

戻駕[もどりかご]

ふたりの駕篭かき、東の与四郎と浪花の次郎作とが、島原から禿を乗せての戻駕、禿を相手にそれぞれ、江戸と大阪の自慢と廓話をします。

実は、東の与四郎は、真柴久吉であり、浪花の次郎作は石川五右衛門であることが見顕しとなり、立回りを見せる、 という大胆な飛躍のストーリー展開が魅力の顔見世舞踊です。

紅葉狩[もみじがり]

舞台は、信州戸隠山の山中。

花道より登場する平維茂[たいらのこれもち]と従者二人は、上臈[じょうろう]たちの紅葉狩に引き止められます。場所を移して、 女たちにもてなされる平維茂[たいらのこれもち]と従者二人の一行でしたが、更科姫の踊りが佳境に入る頃、寝入ってしまうのでした。